はげのうた

【はげのうた】ヅラと髪とのあいだに【替え歌:空と君のあいだに|中島みゆき】

はげのうた

【はげのうた】ヅラと髪とのあいだに

髪が薄毛のときには
ハゲはかつらの世話になる
孤独なハゲにつけこむ
ようなことは言えなくて

髪を抜かれたあいつの
正体をハゲは知ってた
ひきとめたハゲの髪は
振りはらった高いヅラ

ここにいるよ
髪はまだ
ここにいるよ
いつまでも

ヅラと髪とのあいだには
今日も冷たい液が漏る

ハゲが笑ってくれるなら
僕はヅラにでもなる

ハゲの心がわかると
たやすく誓える業者に
なぜ薄毛はついてゆくのだろう
そして泣くのだろう

ハゲがすさんだ瞳で
強がるのがとてもイタイ
憎むことでいつまでも
かつらに縛られないで

ここにいるよ
髪はまだ
ここにいるよ
ずるむかないで

ヅラと髪とのあいだには
今日もつけたい液がある
ハゲが笑ってくれるなら
僕はヅラにでもなる

ヅラと髪とのあいだには
今日もつめたい汗が出る
君が笑ってくれるなら
僕はハゲにでもなる

歌 中島かみゆき(髪逝)

Twitter で禿吉@プロ薄毛イターを
ABOUT ME
禿吉@プロ薄毛イター
名は禿吉。無添加人。薄毛に悩む30代男性。氷河期世代で貯金ゼロ。AGA/抜け毛/脱毛。ひょんなことから「薄毛のミカタ」の住人であるウスゲスキー教授の元で、育毛活動を行う事になった。育毛費用をブログ上で稼ぎながら2020年までに薄毛改善を目指す。最終目標は究極の育毛法「ひとつなぎの大育毛」を見つける事。ハゲを愛しハゲに愛される孤高の禿。