はげのうた

【はげのうた】minoki【替え歌:lemon|米津玄師】

はげのうた

【はげのうた】minoki

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにドフサのころを夢にみる
忘れたヅラを取りに帰るように
古びた思い出の抜け毛を払う

戻らない髪の毛があることを
最後に岩尾が教えてくれた
言えずに隠してた薄い髪も
あなたがいなきゃ永遠に薄いまま

きっともうこれ以上 傷つく髪など
ありはしないとわかっている

あの毛の悲しみさえ あの毛の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あたまとともに
ヅラに残り離れない 苦いミノキの匂い
髪が抜け止むまでは帰れない
今でもあたまは薄毛の光

暗闇であたまの毛をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
抜け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは抜け毛だけ

何をしていたの ハゲを見ていたの
わたしの知らない横分けで

どこかであなたが今 薄毛と同じ様な
クスリにくれ 淋しさのヅラがいるなら

ドフサのことなどどうか 忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあたまは薄毛の光

自分が思うより
ヅラをしていたあなたに
あれから思うように
息ができない
あんなにはげていたのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけがカツラ

あの毛の悲しみさえ あの毛の苦しみさえ
そのすべてを生やしてた 小杉とともに
ヅラに残り離れない 苦いミノキの匂い
髪に塗り止むまでは帰れない
切り分けたカツラの片方の様に
今でもあたまは薄毛の光

歌 禿津玄米

Twitter で禿吉@プロ薄毛イターを
ABOUT ME
禿吉@プロ薄毛イター
名は禿吉。無添加人。薄毛に悩む30代男性。氷河期世代で貯金ゼロ。AGA/抜け毛/脱毛。ひょんなことから「薄毛のミカタ」の住人であるウスゲスキー教授の元で、育毛活動を行う事になった。育毛費用をブログ上で稼ぎながら2020年までに薄毛改善を目指す。最終目標は究極の育毛法「ひとつなぎの大育毛」を見つける事。ハゲを愛しハゲに愛される孤高の禿。